2014年07月17日

CAT3116 始動不良点検

こんにちは!

大阪マリンサービスの伊藤です。

今回はエンジン始動不良点検の依頼です。しかも両舷機とも。


お客様にお伺いした症状はこちら。

エンジン型式はCAT3116

1、暖機の為、両舷エンジン始動したまま船を離れ、戻ってくると両舷機とも停止している。

2、再始動しようとしても、スターターモーターでのクランキングは出来るが始動しない。

3、エンジンルームを確認すると左舷機のみクーラントのリザーブタンク(プラスチック製)が膨れ上がっており、溢れて漏れている。エンジンオイルに異常は無い。


みなさん、エンジンが停止した原因と、再始動ができない原因は何だと思いますか?

機械式エンジンなので、最近良くある電子制御により自動停止することはありません。

ポイントは両舷ともに停止していた事と、クランキングは出来るけどエンジンがかからない点です。まぁ左舷機がオーバーヒートしたのは言わずもがな。なんとなく燃料ラインのトラブルの気がするんだけどなぁー。


はたして正解は・・・・!?


実際に私がトラブルシュートした順で見ていきましょう。

まずは左舷機の状況確認です。トラブルが深刻な状況である可能性が高く心配です。

IMGP7758.JPG

工具をかけ、人力でターニングは出来る。ターニング時の感覚だが圧縮圧力も大丈夫。

エンジンオイルも異常なし。

次はクーラント点検。キャップを開け確認すると・・やはり空っぽです。

補充すると10ℓほど入ったものの、ビルジにはそこまで漏れた痕跡はなさそう。

かといってエンジンオイルにも乳化や量が増えるなどの異常が一切無い為、取りあえず現在始動が出来ない原因を探ることにしました。


まず、イグニッションを入れるとあることに気づいた。ストップソレノイドが両舷とも反応していない。(つまり燃料カットの状態)これではいくらクランキングしてもエンジンは始動できません。どうも電気自体がソレノイドに入っていないようです。

IMGP7652.JPG

調べていくとリレーは生きているし・・・もっと大元・・・あった!ファイヤーボーイ自動消化システムの制御ユニットです。輸入艇で時々見かけるこいつは、エンジンのイグニッションのラインが結線されており、始動不良の悪さをしている可能性大。


ファイヤーボーイの消火器本体を見てみると、既に作動してしまった後のようで、消火タンクの圧力ゲージがLOWの位置に。ファイヤーボーイは消火装置の作動と同時に、エンジンのストップソレノイドを作動(エンジン停止)させる機能が備わっています。

IMGP7678.JPG

・・・だんだん原因が見えてきました。

消火システムのセンサーを短絡させると、ストップソレノイドが作動し(燃料OPENの状態)、両舷ともにエンジン始動が出来るようになりました。

つまりエンジンオーバーヒートによりエンジンルーム温度が上昇⇒作動温度である79℃に達し自動消火システムが作動⇒両舷エンジン停止&再始動不可に至ったようです。


では次にオーバーヒートの原因を探っていきます。海水フィルターに詰まりはなさそうなので、海水ポンプインペラを確認すると・・!!・・インペラの羽が一枚も無い。すべて千切れてしまったようです。しかも両舷機ともでした。

IMGP7663.JPG

この場合、単にインペラを交換するだけでは駄目で、千切れた破片を全て摘出しなければなりません。破片が詰まり海水の流れが悪くなる為ヒートの原因となる他、逆流して再度インペラに絡むとたとえ新品インペラでも容易に破損してしまうからです。

インペラが破損する原因は色々なケースがありますが、そもそもゴム製品なのであまり耐久力がありません。こまめな交換が必要なのです。今回もどうやら長らく交換していなかったようで、今回の原因は恐らくオーナー様の心に突き刺さる文言『整備不良』ということです。

そしてわずかな定期整備を怠ったがために、インペラ片摘出のための開放整備と、オーバーヒートによる2次被害の多額の修理金額が発生してしまうことになりかねないのです。


ということで始動不良原因の正解は燃料のストップソレノイドが効いていたことでしたが初めに燃料ラインと予想した私は近からず遠からずといったとこでしょうか・・。


ボートのお持ちのオーナー様、悪いことは言いません。インペラやエンジンオイルなどの定期点検項目は必ず毎年点検、若しくは交換をしてください。新艇や新品エンジンでも、もちろん同じです。ときどき進水から3年ほど経つ船なんかで見た目はまだピカピカですが、インペラカバーの取付けボルトにも綺麗なペイントがされたままだったりすると逆にひやひやします()

ミズノマリンでは『壊れる前の(定期)整備』を強く推奨しております。結果的に早くて安くてなによりも安全なのです!

なにをどこまで整備したら良いか分らないという方は、お気軽にお電話やメールにて相談ください!聞くだけはタダです()

皆様の航行の安全をお祈りしております。

潟~ズノマリン

伊藤雄紀

posted by mizunomarine_osaka at 20:54| Comment(0) | CAT 3116 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

CUMMINS QSB5.9-380GSエンジンオーバーホール

こんにちは大阪マリンサービス西尾です。


今回の修理エンジンはCUMMISQSB5.9-380GS エンジンオーバーホールです。

CUMMINS6BT5.9次モデルの燃料コモンレール搭載電子制御エンジンです。

CUMMINS5.9シリーズでコモンレールが搭載されているのは舶用エンジンだけで産業用・自動車・発電機にはないマリナイズされたエンジンです。


IMGP4907.JPG


現状手動でのクランキングをすると何かが引っ掛かりクランキングできない状態、エンジンの分解・点検の開始です!!


IMGP4942.JPG


IMGP4946.JPG


シリンダーヘッドを取り外すとNo.6のバルブが脱落しシリンダーヘッド・ピストン・シリンダーライナーが破損していました。

シリンダーヘッドバルブが脱落しクランキング時にピストンと干渉したことが原因によりクランキングできませんでした。


IMGP4949.JPG


IMGP4948.JPG


ここまで破損しているとシリンダーヘッドの再使用は不可能です・・・。


IMGP2029.JPG


シリンダーヘッドAssy交換


IMGP2050.JPG


シリンダーライナー新品交換


IMGP2064.JPG



シリンダーライナー交換後ライナーボア径の計測


IMGP2110.JPG


エンジンブロック清掃後・クランクシャフトベアリング交換


IMGP2063.JPG


ピストンは全数新品交換・組付


IMGP2137.JPG


シリンダーヘッド組付後錆止め塗装します。

この塗装を怠るとエンジンがすぐ錆びてきますので細かな箇所を必ず塗装します!!


IMGP2122.JPG


IMGP2133.JPG


アフタークーラー・熱交換器オーバーホール・コアケミカル洗浄

クーラー類は6BTと形状が似ています。


IMGP5134.JPG


メカニカルな6BTエンジンとは違い燃料配管・配線が複雑に入り組んでおります・・・。


IMGP2183.JPG


エンジン組み立て後、最終確認のため弊社のベンチテストルームにて陸上負荷試運転の開始!!


IMGP5216.JPG


INSITECUMMINSコンピュータ診断器)・実測計測機器を接続。

この陸上負荷試運転が一番緊張します・・・。

ただこのテストを実施することによって完璧に仕上がった製品をお客様に提供できるので

緊張感を持続し試験に挑みます!!


IMGP2318.JPG


INSITEでのエラーコードもなく、陸上負荷試運転は無事終了!!

全塗装後お客様の元へとエンジンは帰っていきました。


2013年度よりミズノマリンはカミンズ・ジャパンの代理店となりました。

カミンズマリンエンジンの部品販売・修理・質問等がありましたらお気軽にミズノマリンまでお問い合わせください。




ラベル:Cummins カミンズ QSB
posted by mizunomarine_osaka at 19:05| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

エンジン出張修理inジブチ共和国 part2


こんにちはミズノマリン大阪サービスセンター西尾です。

今回の出張先はまたまたジブチ共和国です。

もう二度と行くことはないと思っていたのですがまさかの二回目・・・。

緊急な依頼のため出国までの時間が短いのですが、事前情報でのトラブルシュートの検証・不具合が想定される部品のピックアップ
それに伴う工具の調達、国内から持ち運べる荷物の重量が限られているため、必要最低限での荷物の洗い出しは非常に考え難しく頭を悩ませます。

それに伴い前回の出張から三か月以上経過しているためVISAの有効期限が切れており、急遽東京のジブチ共和国大使館に行くことになりました。
事情を説明し最短でVISAの発行をして頂き無事行く準備は整いました。


ここで本題です!!

今回のトラブルシュートの内容はVOLVO D&-330A DPHの後進は異常ないのですが前進にシフトを入れた際、スロットルを上げても
エンジン回転数が900rpmまでしか上がらないとのことです。

26時間の長旅を経て現場に直行!!

天気もよく絶好の修理日和
日本とは違い気温が40度近くありますが・・・。

さっそく症状の確認・トラブルシュートの開始です。

IMGP5062.JPG

まずはVODIA(VOLVOコンピューター診断機器)とエンジンを接続しコンピューター内のエラーコード確認
エラーコードがないことを確認し、エンジン始動・症状の確認


お客様の報告通り症状を確認その際にエラーコードは出ていませんでした。
エンジンコンピューター制御内での不具合はないと判断しました。


VOLVO Dはコンピューター制御エンジンですが、アウトドライブ使用のエンジンはドライブシフトケーブルが機械的な機構になっています。

IMGP5076.JPG


シフトケーブルの点検・シフトケーブルとアクチュエーターの取り付け部の調整をすると回転が上がり症状が解消されました。

アクチュエーターでシフトケーブルを引っ張った際に、アウトドライブ側は前進に入るのですが、アクチュエーター側がセンサーの位置まで動かずコンピューターに前進の信号が入らず回転の制御が働いたと考えられます。


IMGP5068.JPG


最終試運転の結果異常なく良好です。
無事完工して一安心です。




ジブチ共和国での空き時間があったので散策した画像をアップさしてもらいます。

さすがにアフリカにはアジア人は珍しいのか、すれ違う人々によく見られたり手を振られたり・・・。

IMGP4188.JPG

ジブチ市街地の街並み その1

DSC_0169.JPG

ジブチ市街地の街並み その2


IMGP4203.JPG

この灯台のような形の建物はモスクです。
イスラム圏ではない日本にはあまり馴染みのない施設なので一枚。

新興国とはいえジブチ市街はビジネスマンも多く非常に活気ある街です。


上記写真の緑色の車はタクシーです。
トヨタの古いマークUが多く使用されており、日本のタクシーのように料金メーターはなく乗車する前に運転手さんに値段交渉するシステムです。

タクシーだけに問わず日本製の車が非常に多く人気があるようです。

ただ日本では考えられないのですが、ボコボコのボンネット・窓ガラスのひび割れ・ヘッドライトが片方しか点灯していないなど非常に整備の
悪い車が多く見受けられました。


ジブチ共和国で車の修理業を開業したら儲かるかもしれません。





posted by mizunomarine_osaka at 14:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする