2016年12月28日

ミズノマリン大阪本社 新エンジンベンチシステム導入工事中

こんにちは大阪サービス西尾です。


現在ミズノマリン大阪本社工場では大型ベンチテスター導入の工事中です。

ベンチテスターとは、分解整備し組み上げたエンジンに動力計で負荷をかけ、完成したエンジンが設計どおりの性能が発揮されているか、水、オイル、エアーの漏れは無いか、オーバーヒートしないか等を試験する機械で、工場内で船舶が航行している状況を再現でき、

搭載後のトラブル発生を99%撲滅できます。


これまでのMAX450hp/335kwのベンチテストに加え、現在工事中の新規ベンチシステムはなんと2682hp/2000kwまでの測定が可能になり小型船舶のエンジンはすべての出力帯をカバーします。


簡単にベンチシステムの導入といってもかなりの大がかりな工事になります。


まずは水動力計・エンジン給水用水槽の作製工事、とは言えアスファルトを地中深く掘り込む土木工事につき、水槽の作製は専門業者さんにお願いしました。


同時に水動力計・エンジン据え付け場所が2000kwまで耐えられるようにこちらも基礎工事を専門業者さんにお願いし水動力計の据付けを行いました。


IMGP0089.JPG

水槽の写真

IMGP0085.JPG

底上げ基礎工事

IMGP0081.JPG

水動力計据付


水槽工事・水動力計据付・給水用ポンプ据付が終わり、いざ給水ラインパイプの作製!!


エンジン用給水・排水ライン


水動力計用給水・排水ライン


クーリングタワー用給水ライン




まずは配管図面を作成して、それに従ってラインを作成しましたが、なかなか一筋縄で作業が進まず社員全員四苦八苦しながらなんとか完成しました。



IMGP0084.JPG

クーリングタワー据付


IMGP0086.JPG

配管工事

IMGP0083.JPG

給水ポンプ据付



ですがまだまだ問題は山積みです。




クーリングタワー・給水用ポンプの電気容量が大きすぎるため工場内の電源出力に結線するとブレーカーが落ちて動きません・・・。






思考錯誤のうえ陸用の発電機を新設して電源を確保する事になりました。



 IMGP0088.JPG

発電機据付


IMGP0601.JPG

現在のベンチルーム




給水ポンプを作動して給水ラインの漏洩テストを実施の結果問題無し。


昨今の発電機はエンジン音の静けさに驚きます。(いすゞエンジンです)




現在ベンチシステム工事中ですが、近日完成予定です。


完成すれば2682Hp/2000kwまでのエンジンテストが可能になりメガヨットエンジンにも対応可能です。




弊社に御依頼頂いたエンジンオーバーホール作業後の動力試験はもちろんのこと、


テストのみの作業も承っております。


































posted by mizunomarine_osaka at 15:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: