2016年04月26日

〜熊本地震〜 被災地支援のカタチ

こんにちは!大阪マリンサービスの伊藤です。

実は私熊本出身なのですが、今回の地震は本当に衝撃でした。過去にも規模の小さい地震はちょくちょくあったものの、まさか熊本でこれほどの被害をもたらす地震が来るとは考えてもいませんでした。私の家族や友人も相当の被害を被ったものの、何とか皆命だけは無事との事でした。
今回の熊本地震により被災にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方やそのご家族にはお悔やみを申し上げます。

仕事の都合もあり、なかなか故郷熊本への支援が出来ずにいる中、1件の依頼が舞い込みました。
熊本県阿蘇市の停電地域の電力をまかなう為、日本中の電力会社から派遣された120台以上もの発電機車による送電を行なっており、既に発電機エンジンが長時間稼動している為、保守整備をとのご依頼でした。

これまでも電力会社からの依頼で非常用の発電機エンジンの整備やオーバーホールは経験していたものの、今まさに現場にて稼働中の発電機エンジンの整備は初めての経験でした。
依頼のあったその日の内に資材・部品を整え、夜通し車を走らせること約9時間、現場へと到着しました。阿蘇市内の国道沿いやコンビニなど、様々な場所で発電機車が稼動しており、今回の依頼現場では6台の発電機車が、断線被害の無い箇所の送電線から直接ケーブルを引き込み、停電地域の送電をフル稼働にて行なっているところでした。

熊本高圧発電機車.jpg   ITOC3813.JPG

負荷の状況を確認しながら、1台ないし2台ずつ発電機を停止し、順に保守整備を実施。無事に全ての整備が完了致しました。

RIMG6186.JPG  RIMG6152.JPG

しかし本日現在、電力復旧の目途はまだ立っておらず、数日後には再び整備が必要となる可能性があります。
如何なる状況でも迅速に対応できるよう、常に人員や必要部品などの体制を整えておく。震災支援とは募金や物資の供給が全てではない。
私の仕事を通してでも被災地支援の一つになりえるのだと痛感した一日となりました。
ラベル:震災 支援 発電機
posted by mizunomarine_osaka at 10:16| Comment(0) | 震災支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: